日本株のカテゴライズについて

日本株は、成長やら配当やらとカテゴリを分けて管理しております。

カテゴリは定義されたものがある訳ではありませんので、以下のように自分なりに勝手に定義しております。

優待銘柄・・・株主優待がある銘柄
配当銘柄・・・高配当な銘柄 私の場合は、3.5%くらい以上の利回りがある銘柄
成長(グロース)銘柄・・・増収増益が期待できる銘柄 一般に値動きが激しく、PER/PBRが高めのものが多い
割安(バリュー)銘柄・・・これは、一般的な解釈ではありませんが、自分的には成長銘柄がPER/PBRがあまりにも高くなった状態で、その後の業績鈍化等で大幅に売り込まれて、その後業績が回復してもPBRが低い状態で放置され、値動きがあまりなくなってしまった銘柄

これに時価総額により大小をカテゴライズしています。

投資の際、株のカテゴリを分けるのは、重要な作業だと思っています。

それは、株のカテゴリをわける作業は、投資家の投資ポリシーを理解する手助けにもなるからです。

たとえば、資産が潤沢にあり利回り3%程度あれば生活できる、それなりに高齢な投資家は、大型でそれなりの業績で高配当の株を好むように思います。 なのでこの手のカテゴリのポートフォリオバランスが多くなります。

資産をこれから増やしていこうという人は、成長株を好むので、そのカテゴリーのポートフォリオバランスが多くなる傾向があります。

食費などを節約して、節約したお金を投資に回し、リスクを抑えて着実に資産を増やしていきたい方は、優待株を好むので、そのカテゴリのポートフォリオバランスが多くなります。

バリュー株は、ちょっと自分で購入するシチュエーションがないのと、このカテゴリーは値幅の少なくなっている成長株だと思っていますので、購入層は成長株に注目している損を極力減らしたい投資家なんかが好むんだと思います。 

で、企業の業績、株価ばかりでなく、この購入層のカテゴリのことを頭に入れて投資することが重要だと考えております。

カテゴリーを意識しないで投資する一例ですが、掲示板なんかで大型の優待銘柄なのに業績が少し減益したくらいで、「ストップ安だぁ~」とか投稿されている方がおられますが、優待が維持され、将来優待が無くなりそうな業績悪化でもなければ無問題と思われて保有している方が多いと思います。なので、そんなに株価はさがらないし、下がっても次の優待までには回復するパターンが多いです。 業績悪化なのに「持ってるやつはアホだぁ~」とか、心ない投稿をする方もいますが、それは、この株の購買層となんのために保有しているのか、保有してる人のカテゴリのポートフォリオバランスがどのようになっているのかを把握せずに発言しているあなたの認識不足からでは? と思ったりします。

カテゴリーやカテゴリーポートフォリオバランスを意識する事は、資産運用する上で大切だと思います。

誰かのポートフォリオを参考にする場合でも、その方の保有資産金額、兼業/専業なども考慮してどのカテゴリーをどのようにバランスさせているのかをみたり、自分が比率を高めたいカテゴリで、その方が保有している銘柄は何だろうとかろかみたりすると、銘柄ピックアップやカテゴリーのリバランスに役立てられるかもしれません。

私は、優待株を厚めに投資しています。 昨年はじめくらいから小型成長株への投資も始めましたが、昨年12月の株価急落で成長株を少なめに、配当・優待株を多めに保有するようにしておりました。

最近は全体で値を戻しており、成長株のなかでも優劣がつき始めているので、好調な成長銘柄への比重を高めようか思案中といったところです。

では、このへんで。

リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック