NISAの運用枠

NISAの運用枠が、4名義分(ジュニアNISA1名義含む)あるんですが、何に振り向けるかのが正解なのか、毎年年初に悩んでおります。

これまでは、国内の外国債券ETFやJ-REIT等の配当金銘柄に枠を使い配当金に課税されないよう運用していました。

しかし、ここ数年はアベノミクスの影響で、株価が順調に上昇したため、基本長期保有前提でも、株価上昇に伴う銘柄毎の上限(勝手に自分で設定しています)を超えた場合や、株式の分割があった場合などに一部利益確定(優待銘柄なんかで1部売却し、別名義でなんかで買いなおしたりする方が優待利回りが向上する場合がある)したり、業績が低迷した銘柄を利確したりする金額の方が先ほどのETFやJ-REITの配当金よりダイブ大きくなっております。

ここ数年は、運用枠の使い方がもったいない状況が続いておりました。

で、今年はどうしようと言うことになるのですが、昨年久しぶりに株価が下落し、今年も警戒感の強い相場となりそうな雰囲気もあるので、「まあ、例年と同じ使い方で良いかな~」なんてぼんやり思っております。

(昨年、成長株を狙うKamikazeStocksが全然ダメダメだったこともありますし。。。(悲))

まあ、そもそも昨年のうちに、あまりよく考えずに全部ロールオーバーしちゃったんで、子供口座の枠以外は、金額が増額された分以外は、ほとんど枠がないんですけどね。。。

ブログをみていたら、IPO用にNISA口座使うって方もいたので、「ジュニア口座でちょっとマネしてみようかなぁ~」なんて思ってもいます。

まあ、IPO当たらなくて、結局年末にまとめて使うって事になりそうですが。。。

リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック