サークル活動 来年の企画

私は、友人2人(kappa氏、mekong氏)と壮年(熟年)投資サークル「monju3」の活動(飲み会)を行っています。

今年のサークル活動は、お食事券の優待が使える店で何度か会合を行いました。

一般的に株主優待のある銘柄は、株価が下がったときに優待の権利をとりたい方が多数いるため、あまり下には株価が振れない特長があります。

優待株の一番のリスクは、優待の改悪、廃止になりますが、経験則上自社の食事券や割引券は、大幅に業績が悪化しない限りは、内容が変更されにくいように思いますので、株投資デビュー戦向きです。

そこで、食事券の優待銘柄としてお馴染みのクリエイト・レストランツ・ホールディングス(3387)、SFPホールディングス(3198)、すかいらーく(3197)系列の店で会合を開き、株主優待を体験してもらいました。

今年、kappa氏は、優待株で株式投資デビューを果たしています。

しかしながら、資金が潤沢にある方は、優待株や高配当株などのインカムゲインが安定したものに投資するだけで何の問題もないのですが、資金があまりなく積極的に増やす必要のある方は、株投資の醍醐味の1つでもあるキャピタルゲインを狙っていかなくては、資産は増えません。

キャピタルゲインを狙う場合、短期で少額の利益を何度も積み上げていく方法と中長期で所謂テンバガーと呼ばれる株価が10倍にもなる成長株銘柄を発掘する2つの方法があると思います。

友人含めて3人は、サラリーマン&自営業で日中株取引しているわけにもいかないため、後者の中長期でキャピタルゲインを狙っていく方法しか選択の余地がありません。

このことから、来年のサークルの企画は、成長株への投資としました。

3人で成長期待銘柄を1つずつ選んで、その3銘柄を各々が3銘柄とも購入するサークル連帯感醸成方式(適当に名づけました)で行こうと思っております。

こうすれば、3人のうちの誰かに希有な才能や運があれば、それに全員があやかれるからです。
(まあ、3人とも運も才能もなければダメなのですが。。。)

成長株は、テンバガーほどではなくても、5銘柄に1つ位それなりの成長株がみつけられれば、運用が大きくマイナスに、なることはないと思うので、来年1銘柄くらい中当たりが引ければ、御の字って感じで気楽に気長にいこうと考えております。

で、運よく上がり始めるものがあったら、ピラミッティング(増し玉)も検討します。

年の前半3銘柄、後半3銘柄選んで6銘柄で、来年は、成長株を酒の肴に盛り上がる予定です。

で、これをメンバーに話したら、初心者には成長銘柄を探すのは、よくわからんし、ハードルが高いって言われたので、とりあえず、以下の条件で銘柄をピックアップし、そこから選択することとしました。

・この前決算発表で好決算だった新興市場銘柄
・来期も増収、増益が予想されている
・1日売買量が極端に少なくはないもの
・四季報秋号の見出しが「まあまあ」のもの
画像

(この表作るのに3時間も掛かったよ(トホホ・・・))

とりあえず、前半戦は上表をもとに来月発売される四季報新春号の内容を確認後、2019年早々から企画スタートの予定です。

37銘柄もあるんで、どれかは成長すると思っているんですが。。。

「来年のことを言えば鬼が笑う」といいますが、今からいろいろ計画しておくことも大事でしょ。

「さ~て、どれを選ぼうかな~。」 (惑)

リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック