ネッ頭販売 スマホ/タブレット車載ホルダー mag-tek MGTK-201



さてさて、週末限定で私が購入した商品で「おっ、これ当たりじゃん」って感じた商品を紹介してみようと思います。

先ず第一弾は、スマホ タブレットの車載ホルダーです。
画像



私、車は2台使っております。

家族の移動用と自分の趣味用なのですが、家族移動用はカーナビがついているので、目的地に行くのに支障はないのですが、趣味用の方はカーナビをつけておりません。

写真の趣味用の車は、ユーノスロードスター(eunos )になります。

そこで、スマホやタブレットをカーナビの代わりとして利用しています。

カーナビアプリは結構優秀なものが無料で提供されているので、先ずは車載ホルダーさえあれば、もう道に迷うことはありません。

そこで、8インチタブレット(iPad-mini4)が車載できるホルダーを探したのですが、ホルダーのサイズが大きく、特にタブレットを置いていない状態での見映えがダサすぎるものしか見つかりませんでした。

そしてネットをひたすら探し続け、ようやく良さそうな商品に巡り会えたのが、今回ご紹介する「magtekのMGTK-201」になります。

まず、入っている部品は、以下になります。
画像



取り付け方法は、

1.メタルプレートをスマホやタブレットに両面テープで貼り付ける
2.ボールマウントを車に両面テープで貼り付ける
3.マグネティックデスクをボールマウントに磁力でくっつける
4.スマホに貼り付けたメタルプレートとマグネティックデスクを磁力でくっつける

だけになります。

では、1のメタルプレートをスマホやタブレットに両面テープで貼り付けるからですが、このメタルプレートをダイレクトに貼り付けるのは、さすがに気が乗らないのでタブレットのカバーに両面テープで貼り付けました。

タブレットカバーは、シリコン製の安っすいやつです。

画像



使い込まれたカバーなため画像がキタクテ申し訳ありません。

メタルプレートは2015年当時は、画像のような変な紋章のようなデザインでした。 (悲)

タブレットカバーの中心にメタルプレートを貼らなかったのは、設置のときに自由度をもたせようと思ったのと、アップルのロゴを隠したくなかったためです。

次にボールマウントの車への貼り付けです。

画像



こんな感じで赤丸の部分に取り付けています。

ここにマグネティックデスクを磁力でくっつけます。

画像



普段タブレットを使っていないときは、こんな感じです。

マグネティックデスクも2015年当時は、今よりデザインがダサかったです。 (泣)

すごく、シンプルでスマートな感じだと自分的には思っております。

ここに先ほどのメタルプレートを着けたタブレットを磁力でくっつけます。
画像



先ほどメタルプレートの中心のずらして貼り付けたので、上下を逆にすると設置位置を若干ズラすことも可能です。

2015年から使っていますが、メタルプレートやボールマウントはとれてしまったことはありません。

段差とかがあるとタブレットの向きが若干ズレることはありますが、落ちてしまったことはありません。

磁力でタブレットが変になるようなこともありませんでした。

ただ、8インチクラスのタブレットの場合には、1セットでOKでしたが、10インチ以上の場合は、2セット購入して2ヶ所で固定する必要があるかも。

シンプルなスマホ、タブレットの車載ホルダーが欲しいという方は、いかがでしょうか?





ネッ頭販売ホーム

リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック